YOMI-TOKU

現在好調な「ルパン」と「慶次」。 両者の特性から見る今後の課題とは?


再び活気付いたパチンコ
「ルパン三世9」に続き、「花の慶次~雲のかなたに~」が導入され、パチンコに活気が戻ってきました。図1によると、10~11月にかけて、パチスロからパチンコへと遊技客の移動が起こり、彼らが活性化に大きく貢献していることが窺えます。パチスロでは、9~10月に鳴り物入りで登場した新基準機が今一つファンに受け入れられていない状況にあり、年末年始商戦を成功させる上で、パチンコの重要性が増したことは確かでしょう。

続きのコンテンツをご覧になるためには会員登録(無料・法人に限る)が必要です。

ご登録の上、お楽しみください。

既存ユーザのログイン
   
矢野経済 石野 晃
入社以来、2度目の大きな転機が業界に到来。険しい道は続くだろうが、「未来は必ず明るくなる」ことを信じ、自らの使命を全うする所存。