【特別号外】業績アップの鍵は4円P部門にある!?

スペシャル特集

こちらの記事はPDFでもご覧いただけます。【PDFダウンロード】

(1)1円P&5円Sの業績ダウンは底なし
様々な分析データを見ると、低貸し営業はぱちんこ、スロットともに業績悪化が進んでいる。かなり前から需要と供給のバランスは崩れているし、中高年のお客様の来店頻度や滞在時間も下降傾向にあるので、稼働は伸びにくい構造にある。さらに、昨今は新台の購入台数が減っているうえに、使えそうな中古機は高いため、低貸し営業部門への入替台数も下がっている。そのため、低貸しP部門で粗利確保をしたい店舗は経営困難に陥っている。特に、低貸し営業専門店ではビジネスが成立しにくい状況下にあり、これを打開していくためには今まで以上に入替投資を増やすのか?またはビジネスモデル自体を変革する必要がある。まぁ、入替投資を少し増やしたからといって、その投資に対するリターンは見込みにくいので、貸し玉の見直し(再構築)などビジネスモデルを変革する必要があるだろう。

(2)今後の4円P&20円Sの流れ
次に、4円Pと20円Sだが、20円Sにおいては来年の高射幸機15%規制までは現状維持でいく流れにある。一部の店舗で、スロット大幅増台のチャレンジなどの大きな動きもあるだろうが、ほとんどの店舗では年内に大きく動くことはないだろう。よって、年内の20円S部門は引き続き、新台購入台数を抑え、「認定機の高速回転による活性化」「ジャグラーの育成」「販促&イベントの強化」などの継続的な取り組みを強化しながら、業績UPを目指す流れとなる。次に、4円Pだが、全国的な平均データでは下降傾向にあるが、ライトミドル部門の好調、スロット部門との回遊性UPなど業績向上へ向けての種はある。ただし、ミドル部門は変わらず不調が続き、ゴールデウィーク明けから6月にかけては4円P市場に影響を与えれるような新台もない為、大きく落ちる。

(3)なぜ7月~8月にチャレンジするのか?
さて、経済産業省のサイトに記載されている「ぱちんこホールの売上高(昨年)」を見ると、図1)の通り、ゴールデンウイーク明け以降では、7月と8月の月間売上指数が104%~105%と高い。仕掛けるならば、このタイミングだろう。先日、いくつかの大手企業(幹部)様と営業戦略について話し合う機会があったが、来年以降のスロット業績の予測がつきにくいうえに、もう今やるべきことはやった。今後は競合企業がスロット中心に動いているうちに、「4円Pの業績UP」を狙っていきたい!と余裕を見せていた。この夏、唯一、市場を動かす新台(5万台以上)として期待されている「CRウルトラセブン」の大手先見せも反応がかなり良いようで、4円P業績UPにチャレンジする企業が多い状況だ。この夏の4円Pに期待したい!


昨年度 月単位の売上指数
※経済産業省データから抽出

こちらの記事はPDFでもご覧いただけます。【PDFダウンロード】

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

この記事の著者

岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所
エグゼクティブ経営コンサルタント
ゲームメーカーから船井総研に転職して15年!以来、ぱちんこホールのリニューアルオープンサポートや競合店対策など成功事例は多数あり。同時に人材育成サポート(現場の成長)も楽しみに全国各地で活動中である。現場と経営者のパイプ役となる役割を果たしながらも、現場のチカラを最大限に活かす支援スタイルには今も昔も変わりはない。圧倒的な人脈形成を築いているため、あらゆる情報が集まるのも大きな強みとしている。
株式会社 船井総合研究所
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所
エグゼクティブ経営コンサルタント
ゲームメーカーから船井総研に転職して15年!以来、ぱちんこホールのリニューアルオープンサポートや競合店対策など成功事例は多数あり。同時に人材育成サポート(現場の成長)も楽しみに全国各地で活動中である。現場と経営者のパイプ役となる役割を果たしながらも、現場のチカラを最大限に活かす支援スタイルには今も昔も変わりはない。圧倒的な人脈形成を築いているため、あらゆる情報が集まるのも大きな強みとしている。
株式会社 船井総合研究所