パチスロマシンレビュー 2019年3月


5大機種レビュー

スペック
ミスターX
現役パチスロ開発者

ドンちゃん2

6号機Atypeということで、ボーナス枚数は5号機と勝負になりません。その分をベースの高さとボーナス合成確率で補っているので、ディスクアップのような使い方ができるのであればありと思います。ただ、技術介入は出玉アップではなく設定看破の要素が強いので、そのへんがディスクアップと違うのかなと。
5

猛獣王王者の咆哮

チェンクロや蒼天と違い、通常時の目押しが不要になったのでベースが上がっています。純増6.0枚ATで初当り確率がそこそこ高いのをみると平均TYはそこまで多くないと予想されますが、その分AT完走に何度もチャレンジ出来るのはいいのかなと。全リール色目押しは賛否両論あると思いますが、個人的には獣王なのでありです。早押しの恩恵も若干ありますので。
6

ゴーゴージャグラー2

ボーナス確率は前機種のKKと同じで、告知演出が増えました。スペック面では特に言うことはありません。市場や営業上の話は別の方の評価をご参照下さい。
5

ギャラガ

純増4.0枚のAT機ですが、ゲーム数上乗せとかはなく、1G連やSTでの引き戻しで出玉を増やすタイプですので、感覚的にはノーマルタイプ(もしくは沖ドキ)に近いのかなと。STランクに関係なく最終ゲームのボーナス確率が1/8、RB中も1G連抽せんがあるのは好印象。
6

黄門ちゃまV女神VER

「黄門ちゃま喝」の進化継承ということで、310Wカウンターの復活が復活していますが、カウンター分母が複数あるのと、直撃当りもあるのでメリハリがあっていいです。平均TYも喝と遜色ありません。ゲーム性は「喝」を踏襲したものになっているので、ファンには受け入れられると思います。あとは「6号機の黄門ちゃま喝」にユーザーが何を求めるかではないでしょうか。
6

演出
ミスターX
現役パチスロ開発者

ドンちゃん2

「ドンちゃん2」(4号機)を継承している。選べる固有の演出タイプから全ドンちゃん共有演出も多彩、予告音なしのビリーやリアカーダッシュ予告などの激アツ演出も搭載されている。4号機世代は興奮間違えなし!
3

猛獣王王者の咆哮

「パチスロ猛獣王」(4号機)を継承している。サバチャン中は、12択ナビの目押しスピードにてサバチャン終了後に「称号」が与えられる。良い称号ほど設定確定のプレートの出現率がアップする内容が搭載されている。
4

ゴーゴージャグラー2

安定したジャグラーシリーズ「ゴーゴージャグラー2」(5.9号機)のリリース機、「きらめき点灯」や「リールスロー回転」「隠れツノっち」告知が加わっている。BGMにおいては「冬」「G線上のアリア」が追加されている
4

ギャラガ

ファミスロ第3弾として懐かしのギャラガをモチーフ。BB中にミニゲーム「スコアアタック」がある。スコア上位ランクするほどBB終了後のST32G中のボーナス期待度がアップする。最大90%ループでの引き戻しで獲得出玉に期待
2

黄門ちゃまV女神VER

通常時「黄門ちゃま喝」で好評であった水戸(310)カウンターが復活した。カウンターリセット時は分母が隠された状態でスタートする。AT抽選には、ロングフリーズの家康再臨も搭載されている。安心のゲーム性で期待大
6

コンテンツ・筐体
三浦 敦
株式会社ピーマップス

ドンちゃん2

4号機で人気の「ドンちゃん2」の後継機ということもあり、液晶搭載のノーマルタイプとなっております。4号機時代の名機といっても過言ではないので40代以上のユーザーなら知っている人が多いと思います。派手な役物や演出がない分、出目を楽しむにはちょうどいいと思います。
7

猛獣王王者の咆哮

こちらも4号機で人気を博した「猛獣王」の後継機で、知名度は申し分なし。サバチャン中のBGMはいつ聞いても秀逸です。筐体、液晶の構成は前作の「獣王 王者の覚醒」と同様となっております。
7

ゴーゴージャグラー2

トップランプ以外はまんま前機種のGOGOジャグラーと見た目が変わらないです。(一部細かいデザインが違っている箇所もありますが・・・)知らない人は間違って座ってしまうかも知れませんが、スペックは変わらないので問題ないのかな?コンテンツに関しては言うことありません。隠れツノっちやスペシャルボーナス音が新搭載となっております。
6

ギャラガ

アーケードゲームで人気のギャラガ。「ファミスタ」や「パックマン」に続くファミスロ第3弾です。リールバックライトとリール上の表示器でゲームさながらの演出は面白いと思います。
6

黄門ちゃまV女神VER

6号機初の「黄門ちゃま」で、女神Verということもあり、お銀が主役です。「黄門ちゃま喝」を踏襲した作りになっており、違和感はなさそうです。筐体は前機種とおなじになっております。
6

市場性・ホール温度感
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

ドンちゃん2

現行のハナビがあるなかで、BIG獲得枚数の少ない今回のドンちゃん2には期待できないのが正直なところ。ドンちゃんファンは多いので、期待値がゼロではないが。
4

猛獣王王者の咆哮

目押しがネックなため、プレイヤーは限定される。導入時期を考えると初動には期待できそうだが、GW明けには、、、 化けたら見返りがデカい。
4

ゴーゴージャグラー2

5.9号機ジャグラーということでこのジャグラーに対して特別感はない。ただ、コケるということがない新台ジャグラーなので、、、
7

ギャラガ

作り込みが微妙な機械だが、面白そうなシステムなので、意外と稼働したりして、、、
7

黄門ちゃまV女神VER

一定の黄門ちゃまファンがいるなかで、導入台数6000台は絶妙だと感じる。大化けすることはないが、、、
5
レビュー一覧