パチンコマシンレビュー 2018年9月


5大機種レビュー

スペック
本田 正豪
株式会社ピーマップス

藤商事・緋弾のアリアAA

特図2の残存記憶4個を活用して実質継続率を高くする1種・2種タイプならではの高継続機です。1種・2種タイプがこういったスペック面で優位に立ちながらも市場ではまだまだ主流になり得ない理由はパチンコ機がスペックだけでは成立しないことの表れでもあります。そういった意味で徐々に熟成していくであろうこの分野に期待を寄せながらも大量購入は2の足を踏む結果にはなると思います。しかしながらある一定のニーズが有る事も事実なのでそれなりの台数の確保は必須かと思います。
6

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

Pを冠する新風営法基準の機械が増加してきています。最大の売りである設定機能付きの機械についてもそろそろ優劣が付き始めています。私も実際ホールで遊技をして感じた事を述べるなら“設定1でもともと”といった感じのスペックでないと長期運用は難しいという事です。もちろんあわよくばという事で高設定狙いが主流ではありますが、低設定ではとても厳しくて遊技意欲を削ぐといったスペックでは空き台が目立つのもやむなしです。そういった意味でこのPスーパー海物語IN沖縄2は及第点を上げられます。高設定でのインパクトが弱くても長持ちさせられると思います。
7

三共・FバイオハザードREVELATIONS

ミドルタイプはMAX2400個が必須でなおかつ特図2確変は全てMAXで有る事が望ましいというミドル市場の流れの中で、どこを犠牲にするかというのがスペック上での注目箇所となるのですが、この機械は特図1確変率を落とし、その分特図1でもMAXを25%も振り分けているという逆パターンです。そこでは無く特図2の通常当たりを16Rにすればという声も聞こえてきそうですが…。特図1の不毛さを補う効果がどこまでファンにアピールできるか見ものです。
7

七匠・究極審判

小当たり確率の高さを見ると特賞発生の瞬発力は非常に高さそうです。前述の緋弾のアリアでも述べましたが、1種・2種高継続タイプがミドル市場を席捲できない理由の一つに演出能力の弱さがあるかと思いますが、ニッチ市場と割り切って小台数なら十分有りでしょう。
6

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

ライトミドルでかなりの比率で潜伏(TSAも辛い)し、TYもそれほど大きくないということでつかみどころのないスペックいった感が強いです。打つ方もメリハリのなさに嫌気がささないかといささか気になります。
4

演出
三浦 敦
株式会社ピーマップス

藤商事・緋弾のアリアAA

役物、ステージ、ストーリーとすべて更新されている。過去の実績からアリアファン、萌えファンの遊技意欲は高いと思われますので、初期稼働は問題無いでしょう。射幸性が高く、演出面も良い感じに仕上がっています。期待しても良いでしょう。
7

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

三洋初の設定機付きの新規則機。演出の基本は前作の沖縄2。特賞中のムービーに沖海3、4のムービーが追加され、大当たり終了後の画面で設定示唆を行っている。総合的には、いいと思います。既存の甘海と共存できるか?
6

三共・FバイオハザードREVELATIONS

三共からバイオ初登場。正直、他のメーカーでの発売の1・2作はいまいちでしたので期待しておりましたが、演出面は多くは語りませんがいまいちの印象です。また本機の特徴としては、全ての大当たりに100回転の時短付き。ヘビーユーザー(射幸性を好む)が多い店は検討してもいいと考えます。
5

七匠・究極審判

ビッグドリームですね。圧倒的な出玉スピードが再現できてないような感じがしましたので、この点数させていただきました。正直どうなるか見ものですね。
4

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

設定は付いてはいないが新規則機ということで、最大Rは10Rとなっているのが特徴。ただ昔ヤマトはよく見ていましたがコンテンツには個人的に飽きが来ています。ただ演出面に関しては悪くない印象です。ただ高得点を付けるのは難しいです。
5

コンテンツ
市川 暁子
株式会社PBS

藤商事・緋弾のアリアAA

キラーコンテンツである、リングや地獄少女より実績アリ。今作は焼き回しでなく、役物・ステージ・ストーリーとすべて新作!
7

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

スーパー海物語IN沖縄2の復刻版。多数の演出がプラスされ、復刻版の古臭いイメージを払拭。
9

三共・FバイオハザードREVELATIONS

カプコンの大ヒットゲームコンテンツ。スロットでは実績はあるが、ぱちんこではパッとした実績がない。
6

七匠・究極審判

七匠のオリジナルぱちんこ。コンテンツというより、スペックオシの機種。クラッシックの楽曲で神々しさを演出。
4

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

大ヤマト(三共)は人気機種となったが、スペックに寄る要素が大きい。コンテンツ力は高いのだが、昨年登場のスロットを見る限り、稼働を引っ張るまではない。
6

筐体
三浦 敦
株式会社ピーマップス

藤商事・緋弾のアリアAA

特に印象に残らず、ホールで目立つ存在にはならないと思います。シンプルであるのが特徴ですね。
4

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

金色基調なので、目立つ部分はあるが他に特出されたところも無く無難な感じ。普通です。
4

三共・FバイオハザードREVELATIONS

見た目のブルー基調の筐体は、個人的にはスッキリと見えるので好印象。ギミックの動きも意外性があるので、平均以上の点数を付けました。
6

七匠・究極審判

特に印象に残るところはありません。次回に期待です。
3

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

特にホールで映える部分も見つからない。平凡な筐体イメージです。ギミックの動きについは見るべきものがありますが・・・。
4

市場性
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所

藤商事・緋弾のアリアAA

ターゲットは若年男性に限られるが、過去2作がいずれも良好な実績を残しており、集客、稼働面での安定性は高い。
5

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

「海物語」シリーズ初の「設定機能付き」であるが、機種特性上、既存の甘海シリーズと同等の運用を心がける必要がある。
5

三共・FバイオハザードREVELATIONS

若年〜中年層に人気と知名度の高いコンテンツであり、彼らの回遊を活発化させるきっかけとなり得る。
6

七匠・究極審判

「CRビッグドリーム」の代替機と位置付けられるが、一般受けは難しく、今作もニッチ的な扱いになると予測される。
4

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

コンテンツの知名度の高さから、男性層全般を広く集客でき、閑散期におけるユーザーの来店促進に貢献するだろう。
6

ホール温度感
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

藤商事・緋弾のアリアAA

中高年層からの支持がなく、若年層からの支持が高いコンテンツではライトミドル以上の重いスペックは長期運用が困難だと感じる。
4

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

設定付きぱちんこを中高年層に認知させていくためには海の設定付きぱちんこもプラスと考える。中高年層に認知されることで朝一の客数UPに期待したい。
6

三共・FバイオハザードREVELATIONS

たしかに、一撃性はあるが、大半が4R通常からの時短スルーのパターンであり、コンテンツも中高年層から支持されにくいので厳しいかなと。
5

七匠・究極審判

何かと課題はある機械だが、連チャンしたときの出玉スピードはかなり速いし、この手の機械にはどうしても期待してしまう。
6

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

中高年層から支持されるスペックであり、演出面も良い感じなので期待したいところだが、スペック的にどうか?
5

総括

スペックから見る支持層分析
本田 正豪
株式会社ピーマップス

1種・2種タイプはやはり唯一高継続を可能にするスペックとして定期的に販売されてきてはいますが、やはりどこか演出面での強さを創生していかないとメジャー機種にはなれないという感を否めません。今回の緋弾のアリアと究極審判はそういった部分に特化して注視していきたいと思います。現在1種・2種の支持層は比較的限られた人たちなのですが層を広げられるかが注目箇所です。 設定機能付きの機械は色々なバランス面を考慮するとライトタイプの比較的低継続タイプの安定志向の方が受けが良い気がしてなりません。そういった意味で巷では設定差を感じないなど不評のPスーパー海物語IN沖縄2は逆に注目しています。現状の海ライトユーザーが特に違和感無く移行できればしめたものですし、高設定狙いの若年層も取り込める可能性も多少あります。 2400個搭載のミドル機バイオハザードsGは特図2確変オール2400個縛りの中で特図1の確変率削減に踏み切った事、それと同時に特図1でも厚い2400個の振り分けに冒険心を感じます。主流のミドル1種機となり得るか注目しています。真・北斗無双の対抗馬となり得るか期待しています。 P宇宙戦艦ヤマト2199については支持を得るのが難しいと考えています。

導入後の営業ポイント1
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所

藤商事・緋弾のアリアAA

高継続を期待できるスペックを採用しているが、作品のファンが演出を見ながら楽しめる配慮が随所で施され、既存の美少女アニメ・萌え系機種と同様、演出面での訴求が可能。作品やシリーズ機のファンを対象とし、稼働貢献を重視した運用を行なえば良いだろう。

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

設定付きの新規則機であるが、設定毎のメリハリを打ち出すことは困難。運用に際しては、前作と同等の出率とされる設定④をベースに低設定台と高設定台を部分的に投入しつつ、既存の海物語ユーザーに時間消費型の遊技を定着させる必要がある。

三共・FバイオハザードREVELATIONS

スペック、演出共に若年~中年男性のウケを意識した箇所が多分に見受けられ、ビジュアルの良さも相俟って、初動は高いと予測される。スパイキー製パチスロ版最新作と導入時期が近いこともあり、閑散期の対策として、パチスロユーザーの回遊も促していきたい。

七匠・究極審判

「CRビッグドリーム」を彷彿とさせる、高い出玉性能を持ち合わせているが、独自性の強さから、一部のファンにマニア受けする傾向が強い。まずは「CRビッグドリーム」との入れ替えを主体に行なった後、同機種の様に化けるか否かを様子見した方が無難と言える。

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

歴代の「ヤマト」シリーズの定番性を重視した演出により、40代以上の男性には親しみや懐古感が得られるだろうが、潜伏確変比率の高いスペックは敬遠材料となり得る。どちらかと言えば、初期集客力に長けたタイプで、これを活かした運用に主眼を置きたいところ。

導入後の営業ポイント2
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

藤商事・緋弾のアリアAA

11月上旬は新台が集中しているうえに、11月全体で売上も見込めないため、他機種少数台数での導入か、機種を絞り込んでの導入となる。バラエティ導入か?導入見送りか?導入したとしても、粗利重視営業となるだろう。

三洋・Pスーパー海物語IN沖縄2

中高年層に設定付きぱちんこの良さが認知されれば、今まで海の育成が難しかった店でも、海の育成ができるかもしれない。客層拡大をポジティブに考えてよいのではないか。導入は高設定を使える店限定で5台以上を4円Pで。

三共・FバイオハザードREVELATIONS

スペックを含めて評判は悪くないが、どんなに尖っていても、現状の規制内では尖れば尖るほどマイナス点も無視できなくなる。繁盛店が粗利重視の新台として4~5台の導入することはありだと思う。

七匠・究極審判

4円ぱちんこ部門で売上を向上させたい店がチャレンジしてもよい機種の1つ。初期段階では稼働重視で使いたいので、5台~10台導入できる店で、かつ、甘く使える店でなければチカラを発揮しないので購入店舗は限定される。

サミー・P宇宙戦艦ヤマト2199

今回の評価対象機種のなかで、1円Pで長期運用できる可能性がある新台は、海物語以外では、このヤマトくらいである。4円Pのバラエティ活性化用で使ったあとに、1円Pでも使えるので、長く使える機械なので投資効率は悪くない。
レビュー一覧