パチンコマシンレビュー 2018年7月


5大機種レビュー

スペック
本田 正豪
株式会社ピーマップス

CRデビルメイクライ4

11回リミット機ではありますが、試打した印象は北斗無双・夢幻闘乱のライトミドルバージョンと言った感じです。MAXが8ラウンドである点はかなり問題で瞬発力に欠けるイメージは拭えません。スペックとは関係ありませんが映像・音響は圧巻です。
5

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

転落率共通なので高設定は継続性が高いというメリットは面白いと思います。しかしちょいパチを彷彿とさせるTYの低さや、特図1の潜伏の多さを考えるとお客さんに忍耐を求めすぎのような気がします。しかし新風営法下ではこのようなスペックになるのも仕方がないとは思います。大手では無くどちらかと言うと中小ホールでの相性が良い気がします。
4

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

お世辞にも継続は期待できないスペックなので、焦点はラウンド振りわけのみと言った風情です。遊技者は特賞時にひたすら“16R来てくれ”と願う以外救いがありません。低貸であれば生き残れる可能性はあると思います。
3

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

全ての特賞に100又は200回の電サポが付くという一見お得で遊べそうなイメージも沸いては来ますが、瞬発力の落ちたダラダラ仕様とも言えます。今後の機械は保通協適合の為にこのような仕様が増加すると思われます。
5

CR真・北斗無双2

特図2確変の特賞オール2400個ありきのスペック。特図1の確変を電サポ回数切りにするために、通常当たりの時短回数もバラバラとなっている。全体的にかなり無理を感じる。特図1はただ一言“混沌”。
6

演出
三浦 敦
株式会社ピーマップス

CRデビルメイクライ4

ヒット作が出にくい洋物版権を使用しているため不安。リミッター付きV確ループタイプ。初当たりは、95%が100回時短となりその100回で再度当たりを引けると95%ループでリミッターまで続きます。リミッタータイプで潜伏がないのが評価できる部分。ただ総合的評価するとあまり期待できないと思われる。
3

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

スペックは、確変突入率が100%でリミッターが16回と延びました。また、転落抽選タイプであるという少しややこしいスペックに設定がついている状態です。設定付きパチンコ第一弾という話題性で興味はありますが、大量に設置する店舗は少ないように思います。
4

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

エヴァシリーズから初のドラムが登場となる。100%STのライトミドルタイプとなり、ST10回+時短40回と良心的なスペック。演出的には、ドラムだけに厳しいものを感じた。DD北斗のようにチビキャラになった点は親しみやすく感じるものの、飽きがすぐにきそうな部分が不安。バラエティのドラム好き顧客のために設置も有。
3

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

ST200回というV確ロングST機での登場。コンテンツは、10周年を迎えるほどの固定ファンがいる点が期待できる機種。2400玉搭載機であるため大量出玉獲得が可能であるが、ST200中の玉減りが我慢できるかがポイントであると思う。安定稼働に期待したい。
6

CR真・北斗無双2

無双というよりは、北斗7に近いように感じる確変ループタイプ。初当たり時の電サポ回数以上は潜伏状態になるが、潜伏ループは発生しないようになっている。右打ち時は潜伏がない仕様なのが良し。2400玉ループ機である部分が貴重であり、北斗無双の演出と北斗7のスペックと合わさっているように感じる機種。初期稼働は見込めると思います。
7

コンテンツ
市川 暁子
株式会社PBS

CRデビルメイクライ4

アクションゲームからのコンテンツ。スロットでは過去3機種販売されたが、ぱちんこでは今回が初。
6

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

テレビアニメからのコンテンツ。視聴者アンケートでは、総合ランキングで第3位!
6

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

毎年のようにリリースされ、飽きが来た感がいなめない今、ドラムになって登場
7

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

熱狂的なファンが多く、パチンコスタートのオリジナルコンテンツとしては最上位!
8

CR真・北斗無双2

前作から2年。シリーズとしては昨年4月登場の北斗7が直近。パチンコファンに対する認知度は極めて高い。
9

筐体
三浦 敦
株式会社ピーマップス

CRデビルメイクライ4

コンテンツを利用した若者をターゲットにした筐体デザインと役物は悪くなく、むしろ以外な斬新さを感じる。本機種の特徴でもあるクレイジースタートの企画も個人的にはおもしろい。ファンがどのような評価をするのか?楽しみでもある。
6

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

他の新機種と比べると、特に目立つわけでも無く特徴も感じませんので、厳しいですがこの点数となりました。
2

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

新カラー「ROSEPINK」の筐体は、他の設置機種には見当たらないカラーなのでホール内で映えると思います。女性受けするかもしれませんね。思い切ってこの点数を付けてみました。
6

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

見た目まとまった感じがするが、新枠であった前作ほどのインパクトはない。普通といった感覚なので、この点数となりました。次回作に期待ですね。
5

CR真・北斗無双2

北斗NEWCOLOR闘神ブルーは、個人的にかっこ良さを感じます。またサミー史上最大級の可動領域を誇るギミックと宣伝されているだけあって、ギミックの動きは迫力を感じます。評価は良ですね。
7

市場性
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所

CRデビルメイクライ4

若年層向けの高継続ライトミドルタイプという点で「~シンフォギア」との互換性が高く、若年ユーザーの回遊が見込める
4

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

新規則初の設定付きパチンコだが、コンテンツや演出の鮮度が薄れており、設定の良し悪しが稼働に大きな影響を与え得る
4

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

コンテンツ自体のマンネリ感は否めないが、ライトミドルのドラム機となり、ユーザー全般を浅く広く集客できる
5

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

安定した人気を誇るシリーズ機であり、主軸機の脇を固める機種として、若年〜中年男性を定着させる際に適している
5

CR真・北斗無双2

秋商戦の話題機種と位置づけることができ、商戦明けの遊技客数の落ち込みを補完するという意味で大きく貢献する可能性が高い
7

ホール温度感
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

CRデビルメイクライ4

演出面、スペック面ともに良いイメージはある。客層が絞られるが、若年層集客はできる。シンフォギアまではいかないだろうが、、、
6

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

ライトミドル機の設定付きなので期待したい!興味がある。ただ、ヴァルヴレイブは3月に出たばかりなので期待値は低い。
5

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

スペックは単純で遊びやすい感じはするし、本来のエヴァとは違うため、中高年層は打つかも。若者は打たないかも(笑)
4

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

実績あるコンテンツであり、熱烈なファンがいることは確か!お盆明けでは一番安定感のあるコンテツだが、2週間後には、、、ミドルバラエティで欲しい。
5

CR真・北斗無双2

どうしても、絶賛稼動中の北斗無双とのスペックを比較されるが、今年度最高峰の話題機種に変わりはない。台数が多いことが気になるくらい。
9

総括

スペックから見る支持層分析
本田 正豪
株式会社ピーマップス

現行のミドル市場にそった機械として真・北斗無双2が掲げられますが、現行の真・北斗無双にはやはり及ばない気がします。特図2の確変オール16ラウンドは瞬発力の強さで他機種には十分対抗できますが、演出やギミックに圧倒性が無い限り、無双同士の競合は厳しいでしょう。 それ以外の機種については一言でいうと“長時間遊技を前提とした作り”と言わざるを得ません。 確かにデビルメイクライの外観(映像・音響・版権)は若年層を引き付けるのに十分な魅力を持ち合わせていますし、設定機能付きのヴァルヴレイヴも朝からの集客に期待感を持てる高設定探しのヒントをちらつかせたスペックとなっています。ただこういったスペックでは短時間勝負を余儀なくされるサラリーマンにとっては難しいゲーム性であることは事実です。 低交換率・低玉単価・更には無定量営業の見直しといった身軽な営業方法の転換の可能なホールならともかく、分煙ではないですが、現行機と新機種のセパレート営業も視野に入れた方が良いかもしれません。

導入後の営業ポイント1
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所

CRデビルメイクライ4

コンテンツや機種特性において、若年受けを意識した箇所が多分に窺え、ライトミドルコーナー内での若年ユーザーの回遊のほか、パチスロユーザーの流入が見込める。「~シンフォギア」と上手く連動させながら、閑散期に向けた固定客確保へと努めていきたい。

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

「設定付き」への反応が良い若年層向けの機種だが、スペックバージョン機という特性上、ユーザーを吸引する上では「設定を入れている」ことを意識させる必要がある。実質的には、設定毎のメリハリやユーザーの反応を推し量る試験的な運用が主体となる。

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

コンテンツの知名度の高さやシンプルなゲーム性を活かし、幅広いユーザーに遊技を促進できる点が大きなメリット。遊びやすさにも配慮されており、バラエティ内での少台数設置のもと、細く長く活用していくことを検討したい。

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

コンテンツや演出、スペックを踏まえる限り、ユーザーを強く吸引できる「掴み」に長けているが、過去シリーズと同様、一定期間後はコンテンツファンによる遊技へと収束される。甘デジバージョン登場までを目安とした運用を心がければ問題ないだろう。

CR真・北斗無双2

話題機種となるが、本機種の導入を機に前作ではなく、「北斗7転生」や「北斗7百裂乱舞」で集客や稼働に大きな影響を与える可能性が高い。北斗コーナー内において、前作を主軸、本機種をサブ的な機種と位置付け、北斗コーナーを再構築していく必要がある。

導入後の営業ポイント2
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

CRデビルメイクライ4

ライトミドルの若年層向けコンテンツはスロットとの回遊性も高いので最低バラエティとしては導入したいところ。繁盛店で4~5台あってもよいとは思うが、2週間後には「北斗無双2」導入があるため、それをどう考えるか?

Pフィーバ革命機ヴァルヴレイヴW

最初の6段階設定付きのライトミドル機なので関心は高い。高設定を入れる気があるならば、5台~10台導入してよいと思う。直接、「設定6」とアピールできないが、「設定付き」とアピールして、高設定を入れての反応を見てみたい。ベタピン運用ならは見送りで。

CRどらむ☆ヱヴァンゲリヲンPINK

遊び心のあるエヴァンゲリオンなので、4円甘デジ&ライトミドルバラエティで導入してみたい。使えないならば、1円Pコーナーへ移動。1円Pであれば、高稼働を見込めるのではないか?

CR戦国乙女5V〜10th anniversary

信頼あるコンテンツで、導入台数も多くないので、中古価格は安定しそう。ただ、2週間後にミドル機種のビッグコンテンツ(北斗無双2)が市場投入されるので、5台以上は購入しにくい気もする。4円ミドルバラエティ活性化のための導入が基本路線か?

CR真・北斗無双2

絶賛稼動中の「北斗無双」とスペック比較すれば当然買えない。ただ、昨年、北斗7が導入した際に、しばらく北斗無双の稼働が一気に落ちたこと、しかも一定期間稼働回復しなかったことを考えると、最低でも1か月以上は「北斗無双2」は高稼働すると思われる。繁盛店はリスクヘッジを含めての導入となる。
レビュー一覧