パチンコマシンレビュー 2018年3月


5大機種レビュー

スペック
本田 正豪
株式会社ピーマップス

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

特図1と2の確変比率は異なるがMAXラウンド比率は同一という一見風変りなっスペックです。これは確変と通常の当たりの差異をより明確にしたと見て良いでしょう。運否天賦でかなり暴れそうなスペックです。
7

CR JAWS再臨

CR花の慶次L4-VHと類似するスペックですが、相違点として、JAWSは突入が低いが継続しやすい。JAWSは特図1の平均ラウンドが低いとなります。慶次よりメリハリは有りそうです。
7

CR RAIZINMAN

天龍との比較論ですが、こちらの方が初当たりが軽そう+7セグとの融合ゲーム+セットではなく継続タイプで単調なゲームとなりやすい天龍ほど退屈しないのでは?ただクルーンに一度に多数の玉を放り込むのは使い方としてやや乱暴
7

CR ナナシーDXⅡ

CRASUPER電役ナナシーDXDSのリメイクかと思われます。まだ結構現存してますので、前作がまだ有るお店は特に入れ替える理由も見当たりません。固定ファンが多いので新規なら有りかと思います。
5

CR ミリオンゴッド ディセント

通常時はおよそ1/3は潜伏確変となるスペックは基本的に現在の市場では受け入れられないと思いますが、ミリオンゴッドはこんなものとこの機械を遊技するファンは承知の上なのであながち否定はしません。
6

演出
三浦 敦
株式会社ピーマップス

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

新枠での登場となり、3Dを多く含んでいる点と枠全体で演出している事から非常に目立つこと間違いない。
6

CR JAWS再臨

前作と類似している点が、新鮮味に欠けました。逆に捉えると変わっていないのがいい部分と考えるとプラス。
5

CR RAIZINMAN

7セグで抽選して当ればアタッカーが開放し、溜まった玉が一気にクルーンに流れるため、興奮度MAXになる。
5

CR ナナシーDXⅡ

基本的な演出は同じで安定感がある。しかし、ファンには進化がわかるようになっている。長期運用に期待。
5

CR ミリオンゴッド ディセント

高水準のウーファーとハンドル近くからのエアーなどを搭載し、臨場感ある演出が他では味わえないポイント。
6

コンテンツ
市川 暁子
株式会社PBS

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

1981年から長期に渡り少年漫画誌に連載。サッカー人気の向上にも貢献した作品で、認知度は非常に高い。シリーズ2作目。
7

CR JAWS再臨

S・スピルバーグ監督が手がけた同題パニック映画をモチーフとし、巨大人喰い鮫との対決が見もの。シリーズ2作目。
7

CR RAIZINMAN

タイアップなしの完全オリジナル機。役物内の玉の動きが楽しめる一発機タイプ。
5

CR ナナシーDXⅡ

1996年発売の初代ナナシーは豊丸の代表機種となり、その後シリーズ化。可愛らしいコインのキャラクターが親しみやすい!!
6

CR ミリオンゴッド ディセント

スロットで人気を博している同名シリーズ機のパチンコ版で、前作から約3年ぶりの発売。スロットでお馴染みの演出がパチンコに!!
7

筐体・ギミック
三浦 敦
株式会社ピーマップス

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

新枠ライジングサンセイ枠は中々の迫力。盤面上部の役物の動きも新鮮。フィギアを使っての演出も悪くないと思われます。ホールでは目立つ存在になりそうです。
6

CR JAWS再臨

ジョーズ感が出ている筐体とセル版ではあるが、正直あまりインパクトとおもしろみが感じられない。ホール内でサプライズは感じてもらえないであろう。次回のジョーズシリーズに期待です。
4

CR RAIZINMAN

この台はなんだ!とサプライズを感じる見栄え。個人的にはチャレンジしたメーカーを評価し、ホール内でも惹きつけられる存在感を発揮するであろう。賛否は分かれると思われるので評価は5点としました。
5

CR ナナシーDXⅡ

他のメーカーの新筐体と比べてみると、正直ホールで映えるといった存在になるような感じではありません。ただ盤面にナナシーと一目でわかる表示をされているので、根強いナナシーファンにはすぐわかると思われます。
4

CR ミリオンゴッド ディセント

新枠BAZZOKA響で登場。見た目もゴッドシリーズに恥じないインパクト。ホール内で目立つ存在になる。音響性能も強くBGMが店内に響き渡るのは容易に想像できる。 中々の一品。
6

市場性
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

久々に登場する大型版権機種で、若年~中年層の来店を強く促進できる。稼働や売上が減少する5~6月に備える意味で重要。
7

CR JAWS再臨

前作の特徴的なシステムが継承され、ユーザーをスムーズに移行できる。今作も中高年男性を対象に長く活用したい。
6

CR RAIZINMAN

ここ最近、一部のユーザーの間で役物抽選タイプが大いに注目されており、ラインナップの1つとして容易に訴求できる。
4

CR ナナシーDXⅡ

多くの店舗で前作が現役稼働中にあり、既存の甘デジユーザーに広く親しまれている。以前に比べ、集客の安定性は増したと捉えて良い。
5

CR ミリオンゴッド ディセント

久々の出玉2400個搭載機であり、ここ最近のパチンコの出玉性能に物足りなさを覚える投機的ユーザーの吸引には適している。
6

ホール温度感
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

新筐体で目立つものの、前作の悪いイメージを払拭することができるかどうか? GW明けでのミドルスペックは稼働維持が厳しいと感じる。
3

CR JAWS再臨

演出面は進化しているものの、真新しさがない。スペック面にも楽しみな点はあるし、実績あるコンテンツに期待はしたいが、、、
5

CR RAIZINMAN

当たればデカい!外れれば当然!という感じだが、個人的には期待している。天龍とは違う楽しさがあるが、当然、客層は狭い。
3

CR ナナシーDXⅡ

実績のあるコンテンツであり、演出も進化しているが、やはり、稼働中の認定機を大きく超えられるかどうか?今のままでもよい?
5

CR ミリオンゴッド ディセント

新筐体で、スロット演出を多数使用しているため、スロットプレイヤーとの回遊には期待している。ただ、長期運用は厳しいかも?
5

販売評価

総括

スペックから見る支持層分析
本田 正豪
株式会社ピーマップス

CRキャプテン翼は射幸性の高い機械をこのむ従来通りのファン層にある程度評価されると思います。 CRJAWS再臨は花の慶次の転落スペックに類似しながらもメリハリを強めたという点で進化を遂げているので評価は悪くありません。これも従来のミドル層に受けるでしょう。ただこの162.2というTSAは瞬発力という点でどうしてもマイナス材料です。 CR RAIZINMANはセグの小当たりからクルーンへの入賞を誘導するというパターンで遊技性をもちつつ、又STタイプの時短性等2種タイプでありながら1種の特性ものこしている点でファンの幅が広がりそうな良い予感はします。メカ式役物の好きなファン層にかなり評価は高いと思います。 CRナナシーは根強いファンはいることもホールへ行けば良くわかりますが、クイーンの二の舞にならなければ良いがと危惧します。ライトの中でも最も遊べるポジショニングなので中高年層の時間にゆとりのあるファンには受けそうです。 CRミリオンゴッドはまさにゴッドらしいスペックでゴッドの過酷な潜伏に耐えうるファン層つまりゴッドファンのみ追従出来そうです。

導入後の営業ポイント1
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

コンテンツ力の大きさなどから、導入初期の集客力と稼働は一般的な新機種を上回ると予測。今年はGW商戦中に大きな成果を挙げることが難しく、先ずは5~6月に集客や稼働の落ち込みを抑える役割を担わせ、次の夏期商戦へと繋げていくことが重要となる。

CR JAWS再臨

機種特性上、前作ファンの支持は獲得できるが、ファン層の広がりは新たに見込みづらい。スペックの相違こそあるものの、基本的には前作と同様の運用を行ない、中高年男性が長らく遊技していく環境を構築していけば問題ないだろう。

CR RAIZINMAN

訴求できるユーザーや活用できる店舗が限られてしまうが、他の役物抽選タイプとの棲み分けを図り、ラインナップの1つと位置づけていくことは可能。ただ、V入賞に際して、傾斜の影響を強く受けやすい点には運用時に注意しておきたい。

CR ナナシーDXⅡ

前作を上回る実績までは期待し難いが、今作もバラエティ内での長期的な運用が実現できると予測される。遊技客の入れ替わりを見越した客回転重視の運用を行ない、運用期間での貢献度を高めていけば良い。

CR ミリオンゴッド ディセント

メインターゲットは若年~中年男性となるが、「ミリオンゴッド」の名を活かし、パチスロユーザーも含めた、ヘビーユーザー層全般に投機的遊技を促せる。ただ、万人受けが困難なタイプであり、今作も粗利面での貢献度にウエイトを置く必要がある。

導入後の営業ポイント2
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所

CR キャプテン翼 黄金世代の鼓動

新筐体で目立つこともあって、少数台数での粗利重視用としては活躍を期待できるかも?バラエティ活性化&粗利重視営業以外の活用方法はイメージが沸かない。

CR JAWS再臨

実績のあるコンテンツなので、一定のファンはいるし、客層も良い。バラエティコーナーの活性化を目的とした導入でもよいが、遊技客層も中高年層が中心で良いため、稼働重視営業で5台前後の導入もありだと思う。

CR RAIZINMAN

余裕のある店舗が5台~10台導入し、稼動重視営業する展開を見てみたいが、多くの店舗は余裕がないので、導入は結果を見てからか?ただ、結果良ければ中古価格は高騰し導入できない。この手の機種は粗利重視営業で使うのは無理がある。

CR ナナシーDXⅡ

結果が出ている機種ではあるものの、瞬発力はないため、この機種も稼働重視営業として導入できる店に限る。4円の甘デジ強化でも良いし、1円の甘デジ強化でも良い。そういった意味では使いやすい機械ではある。

CR ミリオンゴッド ディセント

4円Pでの粗利獲得マシーン!長期運用はできないが、繁盛店で、10台導入し、その後、売却はチェーン店移動で使う流れがオーソドックス。低貸し営業での使用はお勧めできない。
レビュー一覧