牙狼8と仕置人!

ぱちんこ岡田ジャパン

使える機械かどうかの判断軸は

人それぞれ異なるべきだ。

どちらが使えるかどうか

そんなことは正直どちらでもいい。

 

できる限り多くの情報を収集し

各社(各店舗)で

総合的に判断していくわけだが

導入目的を明確に持つことで

導入台数が決定できたならば

それで問題はない。

 

7月~8月は繁忙期であり

7月上旬に、牙狼8を導入

その流れを切らさないように

7月下旬に、仕置人を導入する。

 

これはセオリーではあるが

 

大事なことは

機械を導入決定する責任者の

好き嫌いや固定された判断ではなく

業績を上げるために

自分たちは

何を見落としているのか?

 

繁忙期における

機械導入タイミングは

そんなことを

深く考えること時間を作ることが

重要である。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

岡田 龍也の最新記事

2019/05/24
7月営業の盲点!
2019/05/16
牙狼8と仕置人!
2019/05/10
入替の本質!

岡田 龍也の人気記事

2018/04/13
スロット客数の格差!
2018/01/19
2018年ぱちんこ部門キーワード!
2018/03/16
スロット店舗力の向上!

この記事の著者

岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所
エグゼクティブ経営コンサルタント
ゲームメーカーから船井総研に転職して15年!以来、ぱちんこホールのリニューアルオープンサポートや競合店対策など成功事例は多数あり。同時に人材育成サポート(現場の成長)も楽しみに全国各地で活動中である。現場と経営者のパイプ役となる役割を果たしながらも、現場のチカラを最大限に活かす支援スタイルには今も昔も変わりはない。圧倒的な人脈形成を築いているため、あらゆる情報が集まるのも大きな強みとしている。
株式会社 船井総合研究所
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所
エグゼクティブ経営コンサルタント
ゲームメーカーから船井総研に転職して15年!以来、ぱちんこホールのリニューアルオープンサポートや競合店対策など成功事例は多数あり。同時に人材育成サポート(現場の成長)も楽しみに全国各地で活動中である。現場と経営者のパイプ役となる役割を果たしながらも、現場のチカラを最大限に活かす支援スタイルには今も昔も変わりはない。圧倒的な人脈形成を築いているため、あらゆる情報が集まるのも大きな強みとしている。
株式会社 船井総合研究所
業界元気ブログ「ザ・7人の侍!」記事一覧はこちら