減台の対応力格差

ぱちんこ岡田ジャパン

10月の入替で注目したのは中古機のぱちんこ機で、減台の対応力格差が出た10月だったように感じる。「ウルトラセブン」や「北斗無双2」を含めた落ち幅の大きいミドル機種の減台をワンテンポ早く減台することで、稼働の落ち幅を最低限で抑えることができるし、低貸し部門に早めに移動できることで、競合店よりもワンテンポ早い導入にもつながり、大きなパフォーマンスを生むことができる。

 

今回、減台に使われた機種の多くは再設置であり、撤去して1年以上前の中古機に関しては5台程度ならば、それなりに活躍している感じというか、高稼働の店舗が多かった。今回のタイミングで目立った機種はコンテンツ力の高い中古機ミドルで、「牙狼シリーズ」「ルパン」「ガンツ」が多かったわけだが、これらの中古機は新台がないときに、よく使う手法ではある。この普通のことが意外と実施できていない店舗は多い。こういった小さな積み重ねで格差がつくなぁと感じる10月だった。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

岡田 龍也の最新記事

2018/11/16
良い時だからこそ スロット営業を進化させる!
2018/11/09
12月はチャレンジ月間!
2018/11/02
減台の対応力格差

岡田 龍也の人気記事

2018/04/13
スロット客数の格差!
2018/01/19
2018年ぱちんこ部門キーワード!
2018/03/16
スロット店舗力の向上!

この記事の著者

岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所
エグゼクティブ経営コンサルタント
ゲームメーカーから船井総研に転職して15年!以来、ぱちんこホールのリニューアルオープンサポートや競合店対策など成功事例は多数あり。同時に人材育成サポート(現場の成長)も楽しみに全国各地で活動中である。現場と経営者のパイプ役となる役割を果たしながらも、現場のチカラを最大限に活かす支援スタイルには今も昔も変わりはない。圧倒的な人脈形成を築いているため、あらゆる情報が集まるのも大きな強みとしている。
株式会社 船井総合研究所
岡田 龍也
株式会社 船井総合研究所
エグゼクティブ経営コンサルタント
ゲームメーカーから船井総研に転職して15年!以来、ぱちんこホールのリニューアルオープンサポートや競合店対策など成功事例は多数あり。同時に人材育成サポート(現場の成長)も楽しみに全国各地で活動中である。現場と経営者のパイプ役となる役割を果たしながらも、現場のチカラを最大限に活かす支援スタイルには今も昔も変わりはない。圧倒的な人脈形成を築いているため、あらゆる情報が集まるのも大きな強みとしている。
株式会社 船井総合研究所
業界元気ブログ「ザ・7人の侍!」記事一覧はこちら