「旧規則機が残る中での新規則機」

仕事柄、今後のパチンコ市場に関する意見交換を行なったり、コメントを求められたりする機会は多いのですが、最近は、その中で「旧規則機が残っている限りは、新規則機は動かない」といった類の意見を聞くことがあります。

確かにパチスロ4号機から5号機への移行期だった2005~2007年頃、及び「バジリスク絆」や「ミリオンゴッド」シリーズの自主撤去が猶予された2017年~現在は、当時の新基準機とされた5号機や5.5/5.9号機の人気がほとんど出ず、遊技機性能の差が集客や稼働へと如実に反映されていました。

 

パチンコにおいても、昨年の夏から今年の春にかけて「出玉2400個」を歌ったミドルタイプが次々とリリースされ、瞬間的には高い稼働と粗利を記録しましたが、「連荘継続率の壁」に阻まれ、結局は「真・北斗無双」に回帰してしまいました。つい最近も、「Pスーパー海物語IN JAPAN2」を導入しても「CR大海物語4」のユーザーが移行しなかった事例があり、「パチスロと同じ様な状況」と考えてしまうのは仕方ないことかもしれません。

 

しかしながら、最近はパチスロ、パチンコ共に傾斜値、継続率、ベースといった部分で内規が緩和されたことに伴い、“遊技規則”と“内規”の二重の縛りでがんじがらめにされたパチスロ5.9号機や規則改正直後のパチンコ新規則機とは異なり、幾分自由度の増した機種が登場しつつあります。実際、パチスロにおいて、3月に導入された6号機「Re:ゼロから始める異世界生活(大都)」がロングヒットしている点に着目すれば、この「新規則機が動かない」というジンクスが崩れつつあり、恐らく、今後は「旧規則機と新規則機の関係性」に変化が生じていくでしょう。

 

◆可能性が増した新基準機

現在のパチンコ機とパチスロ機のポジションを対比させると、以下の通りに捉えることができます。

 

l  「バジリスク」「ゴッド」の高射幸性旧基準機=「CR真・北斗無双」。

l  5.5/5.9号機=ヘソ賞球4個、継続率65%の旧基準ミドル(CR機)。

l  6号機=ベース、継続率の上限とベースを撤廃した新基準ミドル(P機)。

 

この様に、7月より本格的に導入されていく高継続の新基準ミドルは6号機の様な位置付けにあり、今後、この分野でパチスロの「リゼロ」の様なヒット機種が登場するかもしれません。確かに「継続率65%」「ベース30」という規制が残されていれば、新規則機の見通しはかなり暗かったでしょうが、内規の撤廃により、部分的には旧基準機に性能を近づけられる様になりました。もちろん、高継続の新基準ミドルが「真・北斗無双」の牙城を崩すことまでは想定していませんが、中長期的に貢献していく新基準機が登場する可能性は以前より増しており、これまで「CR真・北斗無双」の一人勝ちの状況が続いていたパチンコ市場に一石を投じるかもしれません。

 

冒頭で述べた「Pスーパー海物語IN JAPAN2」についても、ユーザーが上手く移行しなかった背景には、「中途半端なスペックでリリースせざるを得なかった」「導入当初からサブ的な位置付けで運用された」「そもそも流動しない年配ユーザーが多い」など、「大海4が残っているから」以外の要因も考えられ、仮に大当たり確率約319分の1、出玉1500個、確変率60%という前作と同様のスペックを採用していれば、評価もまた違っていたでしょう。

 

◆新基準機が旧規則機に勝てないこと

しかしながら、内規が緩和された新規則機においても、旧基準機に勝てない要素が幾つかあります。その最たるものが「出玉の増加スピード」です。これは、今回の遊技規則で新たに設けられた「中間出玉試験」に対応したものであり、当面の間、このスピードの緩さはユーザーに大きな違和感を与えていくかと思われます。

「Pぱちんこ新必殺仕置人」がSAにこだわった様に、これからの機械作りにおいて、ユーザーに違和感を与えない様々な工夫が施されるでしょうが、販売スケジュールの遅延、型式試験非適合のリスクなどを考えると、やはり出玉の増加スピードを緩やかにした機種の方が多く登場すると予測され、その結果、「夜の稼働が伸びない」「一発逆転狙いの勝負ができない」など、パチスロART機の様な弊害を生むかもしれません。

 

そこで、この「夜稼働」の穴を埋めるべく、短時間で勝負できるライトミドルや甘デジにも目を向ける必要があります。

継続率の上限が65%に設定されて以降、ライトミドルでは大当たり確率や仕様の多様化が進みましたが、大半の機種で「遊びやすいけど出玉が物足りない」、もしくは「出玉は多いけど投資はミドルとさほど変わらない」のいずれかの評価が下され、最終的には、「遊びやすさ」と「出玉感」の双方のメリットを持ち合わせた1種2種混合タイプ「~シンフォギア」のみ大ヒットする経緯に至りました。やはり、ユーザーはライトミドルにおいても「遊びやすい」だけでなく、「場合によっては大きな出玉も期待できる」ことを求めてようです。

この様な中、継続率の上限が撤廃されたことにより、少出玉の大当たりを高継続させて出玉の塊を生み出すことが可能となり、今後は、「短時間で遊べて出玉も期待できる」という旧基準ライトミドルの良さを装備した機種が増えていくと予測されます。

また、甘デジについても、「ベース30」が撤廃され、ヘソ賞球3個時代の差玉やメリハリを打ちだせる様になりました。ある意味、ライトミドルと同様のことが起こっていると捉えることができます。

この様に、内規の緩和はライトミドルや甘デジでも好影響を及ぼしてり、こちらにも目を向けながら、新基準ミドルの欠点を補完する対策を講じていった方が良いでしょう。

 

◆最後に

型式試験の出率、シミュレーションの数値上では、出玉性能の低下が顕著に示され、新基準機を悲観する見解もありますが、あくまでも数値上のことであり、この性能の低下を理由にパチンコ遊技そのものを止めてしまう人は決して多くありません。また、過去を振りけると、規制が変更されても定められた規則の中で、ART、小当たりRUSH、高継続の1種2種混合タイプといった新たなシステムが生まれ、ユーザーに受け入れられてきました。

必ずしも先の見通しが暗いわけではなく、新規則機にきちんと注目していきたいところです。

 

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

新着一覧

機種レビュー

パチスロマシンレビュー 2019年10月
2019年10月30日
  • 三共 蒼穹のファフナーEXODUS
  • セブンリーグ 天下布武4
  • 平和 ルパン三世 イタリアの夢
  • コナミアミューズメント マジカルハロウィン7
  • 三共 トータル・イクリプス2
パチンコマシンレビュー 2019年10月
2019年10月30日
  • オッケー P AKB48 誇りの丘 LightVersion
  • マルホン P 鳳凰∞
  • 三共PA Fスーパー戦隊 LIGHT VER
  • 三洋PA 元祖大工の源さん
  • 三洋PA 咲-Saki-阿知賀編episode of side-A
パチスロマシンレビュー 2019年9月
2019年9月27日
  • Bisty カードバトルパチスロ ガンダムクロスオーバー
  • オリンピア アントニオ猪木という名のパチスロ機
  • 藤商事 呪怨 再誕AT
  • タイヨーエレック 北斗の拳天昇
  • エキサイト サラリーマン金太郎MAX
パチンコマシンレビュー 2019年9月
2019年9月27日
  • 京楽 P 劇場版魔法少女まどか☆マギカ
  • 高尾 Pクイーンズブレイド3 レイナver.
  • サンセイ P 牙狼コレクション
  • 平和 P 亜人
  • 大一 P 忍者ハットリくん4

動画一覧