「みんなのパチフェス」開催

センターを狙え!NAVIマシーン

2月23日と24日の2日間に渡り、日工組主催の一般ファン向けイベント「みんなのパチフェス」が都内のベルサール秋葉原にて開催されました。

 

今回は2021年1月までに完全入替が求められる新規則機にスポットを当てた、手軽で安心な新規則機の普及促進、さらに参加人口減少に歯止めをかけるべく、新規則機を通じた休眠層への訴求を開催主旨としています。

 

当日は、19メーカー合計114台の最新機種や話題機種を試打できる「試打フロア」、多数の著名タレントやアーティスト、人気ライターがライブパフォーマンスやトークイベントを披露する「ステージフロア」、初心者を対象にパチンコの遊び方をレクチャーする「連れパチフロア」の3フロアに分かれ、各種イベントが実施されました。

 

開演前に行なわれたオープニングセレモニーでは、日工組理事長の筒井公久氏が登壇し、「昨年2月の規則改正より、手軽で安心して遊べる機械が提供され、ファンの皆様に楽しんで頂ける状況が整いつつあるが、まだまだ充分ではない。そこで日工組19社が集結して新規則に対応した最新鋭の機械を揃え、ファンの皆様に体感して頂く機会を提供した。また、今回の目玉企画“連れパチ”では、初心者や未経験の方にも映像や擬似ホールでパチンコを体験して頂く場も設けた。パチンコの参加人口が年々減少していく要因にはファンがパチンコに触れる機会が少なくなったこともあると考えている。このイベントをきっかけとして、1人でも多くの皆様にホールに足を運んで頂き、プレイしていただければと思っている」と挨拶しました。

※オープニングセレモニーの様子

 

◆「連れパチ」イベントの流れ

今回のイベントの中でも、「連れパチ」は初の試みであり、メインテーマとも捉えることができます。

 

連れパチイベントの参加者は先ずシアタールームへと案内され、玉の借り方やパチンコの遊び方などを紹介したミニドラマ仕立てのガイダンス映像を約5分間視聴します。

※シアタールームでパチンコの遊び方を上映

 

その後、40~50台のパチンコ台が設置された擬似ホールへと案内され、約15分間、試打に挑戦するのですが、フロア内ではホールスタッフ、パチンコライター、アイドルリポーターがほぼマンツーマンで玉の打ち出し位置や機種の特徴などをアドバイスし、実際に大当たりした参加者には拍手で祝福するなど、まさに参加者に寄り添ったコミュニケーションが行なわれていました。

※スタッフのレクチャーのもと、パチンコを遊技する参加者

 

 

これまでのファンアンケートによると、パチンコ未経験者がパチンコに参加しない理由として、「遊び方が分からない」など、遊技機や店内ルールに関する知識面のほか、「入店しづらい」「客層が怖い」など、店内の雰囲気に言及する意見もしばしば挙げられてきました。

今回の連れパチイベントでは、パチンコの遊び方をレクチャーするだけでなく、“おもてなし”の雰囲気作りも行ない、未経験者がパチンコホールに抱いている「負の先入観」を払拭させる試みが行なわれていたと言えるでしょう。

 

擬似ホールで試打を終えた参加者は最後にパチンコのイメージなどに関するアンケートに回答し、記念品を受け取りますが、ここでも、試打時に獲得した玉数に応じて異なる記念品が提供されるという、パチンコならではのサービスが実施されていました。

参加者にとっては、パチンコ遊技で「大当たりする喜び」と「獲得した玉で景品を交換する楽しみ」の両方を体感することができたのではないでしょうか。

※獲得出玉に応じて、記念品を贈呈

 

 

◆「ステージフロア」と「試打フロア」

試打フロアでは、参考出品を除き、24機種の新規則パチンコ機が設置されました。このうちの大半が、ホール未導入機種もしくは未発表機種で占められていた点は特筆されます。また、ここ数年、業界の課題とされている「多種多様なパチンコ機の提供」を実現すべく、液晶搭載のデジパチタイプだけでなく、7セグ搭載機、ハネモノタイプと、幅広いジャンルのパチンコ機が用意されました。

※最新台を試打する参加者

 

当然ながら、人気の高い台には参加者が集中し、中でも秋葉原という地域性から、「ヱヴァンゲリヲン」や「おそ松さん」には空き台を待つ長蛇の列ができました。ただ、1回あたり約2時間の試打時間が設けられていたこともあり、参加者は新機種の試打を存分に堪能できたかと思われます。

※一部の台には空き台待ちの行列が

 

◆試打フロア設置機種一覧

コナミ ミリオンヴィーナス
サミー P七つの大罪 強欲ver.
三共 Pフィーバースーパー戦隊
サンスリー Pドラム海物語IN沖縄、PA清流物語3
サンセイ PGOD EATER-ブラッドの覚醒-
三洋 Pスーパー海物語IN JAPAN2
ジェイビー PSTRAIGHT SEVEN DX
ソフィア PRewrite
大一 PA怪盗おそ松さん、P翠星のガルガンティア
高尾 P白魔女学園オワリトハジマリ、PDD北斗の拳主役はジャギ
豊丸 P華牌R~猿渡翔がローズテイルにやってきた~、Pロードファラオ~神の一撃~
七匠 PA究極神判99Ver.
ニューギン Pうる星やつら、PA真・花の慶次2、Pゾンビリーバボー~絶叫~
ビスティ Pヱヴァンゲリヲン~超覚醒/超暴走~
藤商事 P緋弾のアリアAA FE設定付
平和 P戦国乙女5
ベルコ ぱちんこセブンインパクト
京楽/オッケー 参考出品

 

 

一方、ステージフロアには、23日、24日の各日でよしもと芸人、ゼブラエンジェル(SKE48)、ミスマリンちゃん、京本政樹氏、でんぱ組.inc、AKB48、角田信朗氏、上木彩矢氏、森口博子氏と、数多くの芸能人や歌手が登場し、ライブやトークを盛り上げていました。

※ステージイベントの様子

 

登場したゲストの人数と豪華さはここ最近開催された一般ファン向けイベントでも類を見ない程で、パチンコメーカーが総力を挙げたからこそ実現できたステージとも捉えられます。

一部のステージでは、午前の受付開始から早々に予定枚数分の参加整理券の配布を終了してしまったそうで、日頃、パチンコ台の中でしか接することができない芸能人を見るために多数の人が詰め掛けたことが窺えます。

※イベントの参加整理券を求めて、朝早くから並ぶ参加者たち

 

会場スペースの都合上、今回のイベント参加には、事前応募、当日受付も含めた予約が必要となり、偶然秋葉原にやってきた往来者がふらりと会場内に足を踏み入れることはできなかったのですが、それでも両日併せて7535人のファンが参加しました。また、イベントの様子を生配信した「ニコニコ生放送」では、視聴者数が合計94606人に達したそうです。

業界を取り巻く環境が厳しくなり、全体的に閉塞感が漂う中、久々に大規模なイベントが開催されたことは確かで、パチンコ業界はまだ華やかで、パワフルなことを参加者に充分印象付けることができたでしょう。

また、今回は単なるお祭り騒ぎの様なイベントに止めず、より多くの未経験者にパチンコに触れてもらう機会を提供するというテーマを掲げたことにも意義が感じられます。

「連れパチ」に参加した人が実際にパチンコホールに来店するかという課題はまだ残されていますが、広告規制の強化などにより、ホール単体で新規のパチンコユーザーを獲得することが難しくなっている状況下、この様な組合やメーカー単位での取り組みはより重要性が増していくかと思われます。

 

いずれにせよ、今回のイベントが少しでも業界やホールに還元されていくことを願うばかりです。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

石野 晃の最新記事

2019/03/19
「スーパー海物語IN JAPAN2」~「海物語」コーナーでの役割
2019/03/13
「Pぱちんこ冬のソナタRemember Sweet Version」~長期的な運用に向けて
2019/02/28
「Pゴッドイーター-ブラッドの覚醒-」~復活が期待される高継続タイプ~

石野 晃の人気記事

2017/09/21
規則改正~2020年までの主な出来事
2018/03/27
中高年~高齢層を中心とした常連客への取組み
2018/04/03
パチスロ旧基準機撤去へのカウントダウン始まる

この記事の著者

石野 晃
株式会社 矢野経済研究所
サービス産業事業部 上級研究員
2000年、(株)矢野経済研究所に入社。翌年より会員向け情報誌「パチンコパチスロ新機種情報」の編集業務に携わり、パチンコを中心とした機種分析を本格的開始。以降、アンケート調査業務や遊技機メーカーへの開発支援業務などを通じ、業界に様々な意見を進言している。
株式会社 矢野経済研究所
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所
サービス産業事業部 上級研究員
2000年、(株)矢野経済研究所に入社。翌年より会員向け情報誌「パチンコパチスロ新機種情報」の編集業務に携わり、パチンコを中心とした機種分析を本格的開始。以降、アンケート調査業務や遊技機メーカーへの開発支援業務などを通じ、業界に様々な意見を進言している。
株式会社 矢野経済研究所
業界元気ブログ「ザ・7人の侍!」記事一覧はこちら