多様化が進む「SUPER小当たりRUSH」搭載機

センターを狙え!NAVIマシーン

 今年1月に登場した「CRぱちんこGANTZ」が想定外のヒットを記録し、有力な出玉増加機能として、「SUPER小当たりRUSH」に対する注目が一気に集まりました。これを受け、この秋から「CR桃剣斬鬼(西陣)」「CRフィーバーLADYGAGA(三共)」といった、SUPER小当たりRUSH搭載機が京楽系以外のメーカーからも登場します。いずれもSUPER小当たりRUSHの性能の高さを特徴としており、大当たり+小当たりの増加分を含めたトータル獲得出玉は、既存の高出玉タイプに匹敵するそうです。

 ただ、各機種のSUPER小当たりRUSHの性能を見ると、それぞれ特徴が異なっています。

 そこで今回は、SUPER小当たりRUSHにスポットを当ててみたいと思います。

 

先ずは、以下の指標に基づき、各機種のSUPER小当たりRUSHの特徴をまとめてみました。

機種名

小当たりRUSH発動契機となる大当たりの獲得出玉

小当たりRUSH発動契機となる大当たりの発生率

小当たりRUSH1区間で期待できる出玉

GANTZ

2400

ヘソ:20

電チュー:30

825

桃剣斬鬼

5001150

ヘソ:5%

電チュー:50

※RUSH再突入率は10

2000

LADY GAGA

4201680

ヘソ:50

電チュー:65

1140

 

これによると、以下の様なことが挙げられます。

【CRぱちんこGANTZ】

タイプ

2400個の大当たり出玉を保障する代わりに、小当たりRUSHの発動条件と出玉期待値を抑えたタイプ。

特徴

2400個の最低ベースがあり、大当たり+小当たりRUSHによる出玉の爆発力は非常に高い。

○RUSH発動時には3000個以上の出玉獲得が期待でき、少連荘でも大量出玉に繋がる。

×小当たりRUSHの発動率が低く、この爆発力が中々発揮されない。

 

【CR桃剣斬鬼】

タイプ

大当たり出玉を抑える代わりに、小当たりRUSHの出玉性能に特化したタイプ。

特徴

○小当たりRUSHの出玉性能が高く、「確変ハマリが得をする」というメリットを十分享受できる。

○電サポ中のRUSH突入率が高く、1度はRUSHを期待できる。

×大当たりによる出玉の保障が薄く、獲得出玉のムラが強く生じる。

×小当たりRUSH→大当たり→小当たりRUSHという連鎖が発生しづらい。

 

【~LADY GAGA】

タイプ

両者の中間的な位置付けにあるタイプ。

特徴

○小当たりRUSHの発動契機が広く、常に出玉増加が期待できる。

○確変大当たり=RUSH発動という仕様で、分かりやすい。

×トータル的な出玉の爆発力という観点では、両機種よりもやや落ちる。

×通常大当たり後の時短がなく、客滞が伸びない。

 

 「桃剣~」と「LADY GAGA」がまだホールに導入されていないので、両機種のSUPER小当たりRUSHがファンにどの様に評価されるかについては、まだ不明ですが、SUPER小当たりRUSHのポテンシャルを見極める上では、①RUSHの発動条件となる大当たり比率、②その際の大当たり出玉、③RUSH1区間あたりの出玉期待値を1つの指標とすることができます。

 要は、RUSHの出玉性能を引き上げる代わりにその他の保障分(大当たり出玉や突入率など)を削ぎ落とすか、逆にRUSHの出玉性能が多少落ちてもその他保障を厚くするかといった具合です。

 

 ただ、「GANTZ」に着目した場合、①1回の16R大当たり当選を機に現行基準の最高である2400個を遥かに上回る出玉を獲得できる、②A確変ハマリがさらなる大量出玉に繋がるといったメリットがプレイヤーに伝わり、パチンコの新たな可能性を示したことが大きな支持要因だった様に思われます。その意味では、SUPER小当たりRUSHについては、RUSH単体の性能だけではなく、その周辺にある機能も含めたトータル的なバランスの良さが重要になってくるかもしれません。

 

 今後も小当たりRUSHを特徴とした機種が各メーカーから登場します。当面は、「桃剣斬鬼」や「フィーバーLADYGAGA」に対するファンの反応に注目したいところですが、近い将来、「どこかの性能を上げる代わりに別の性能を落とす」という一長一短型のSUPER小当たりRUSHではなく、大当たり出玉、RUSH発動率、1区間での出玉期待値を高い次元で融合させたハイブリッド型のSUPER小当たりRUSHが登場するかもしれません。

 つまり、大当たり+小当たりRUSHによる出玉の一撃性があり、かつこの出玉感をプレイヤーに享受させる上でのハードルも低いと言ったタイプです。

この様な機種が登場した際には注目していった方が良いでしょう。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

石野 晃の最新記事

2018/11/14
「パチンコ継続率に関する規制が撤廃」~今後の機種で考えられること
2018/11/06
「CRルパン三世LAST GOLD」~安定性の高い旧基準最後のルパン~
2018/10/30
「CRぱちんこAKB48-3誇りの丘」~今後の運用で求められること

石野 晃の人気記事

2017/09/21
規則改正~2020年までの主な出来事
2018/03/27
中高年~高齢層を中心とした常連客への取組み
2018/04/03
パチスロ旧基準機撤去へのカウントダウン始まる

この記事の著者

石野 晃
株式会社 矢野経済研究所
サービス産業事業部 上級研究員
2000年、(株)矢野経済研究所に入社。翌年より会員向け情報誌「パチンコパチスロ新機種情報」の編集業務に携わり、パチンコを中心とした機種分析を本格的開始。以降、アンケート調査業務や遊技機メーカーへの開発支援業務などを通じ、業界に様々な意見を進言している。
株式会社 矢野経済研究所
石野 晃
株式会社 矢野経済研究所
サービス産業事業部 上級研究員
2000年、(株)矢野経済研究所に入社。翌年より会員向け情報誌「パチンコパチスロ新機種情報」の編集業務に携わり、パチンコを中心とした機種分析を本格的開始。以降、アンケート調査業務や遊技機メーカーへの開発支援業務などを通じ、業界に様々な意見を進言している。
株式会社 矢野経済研究所
業界元気ブログ「ザ・7人の侍!」記事一覧はこちら