連休中だからこそ出来ることを!

喜怒愛楽@ぱちんこホール

今日で長い連休も終わります。ホールスタッフの方々、お疲れ様でした!特に新入社員の方々は初めての繁忙期を経験なさり、お疲れになられているのではないでしょうか。

 

さて、普段より多くのお客様が見込める連休、ホールスタッフの方々は、営業中の接客や営業前後の清掃や準備でかなりの消耗をなさるとは思いますが、その反面入替えがありません。人員確保の問題などで、多少の残業などをする場合もあるかと思いますが、入替え作業がないので、結構早く帰れる期間なのではないでしょうか。

 

そんな時、ホールスタッフさんはどうしていらっしゃるのでしょう?

翌日の仕事の英気を養うために早く帰って一杯飲んで寝るのも決して悪くはありません。けれども、こういう期間だからこそ、他のホール様に行って、ご自身もぱちんこパチスロを楽しんでみていただきたいものです。

 

遊技人口の減少が嘆かれるようになり久しい今、その根本には業界人すら打たなくなったという事実があると私は思うのです。特に若いスタッフさんは。ぱちんこ業界で生きる者が、それを楽しめていないということは、とても深刻なことです。

 

とある調査によると、ホール様の就労人口は約30万人、関連する周辺の雇用を含めると 約50万人が携わっているとのことです。これらの数の業界関係者が、今以上に遊技頻度を上れば、ホール稼働をかなり上げられるのではないでしょうか。

 

かつて私がホールの現場にいた時には、早番上がりによくスタッフ仲間と連れ打ちに行ったものです。勝った負けたの報告、そして行ったホール様での接客や機種選定の意見交換などをし、それがとても楽しかったことを今でも覚えています。そして、そこから生まれる意見や提案が運営に生きたこともままありました。

 

最近ホールの知り合いに聞くと、あまり仕事仲間で打ちに行くことはなくなったというのです。楽しく、かつ仕事仲間との親しみが生まれ、そして勉強にもなることをしていないのは、本当に勿体無いなーと思います。

 

 

どうでしょうか?今日にでも、仕事仲間を誘って、お疲れ様会でぱちんこでも行かれてみては!

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

市川 暁子の最新記事

2019/05/27
ハラスメントについて考える
2019/05/20
「ギャンブル等依存症問題啓発週間」と「P牙狼牙島鋼牙」VS「P 新・必殺仕置人」
2019/05/13
設定付きぱちんこの運用について

市川 暁子の人気記事

2018/02/12
「ぱちぱち夫婦」をご存知ですか?
2018/02/26
お客様の感情を逆撫でしないマナー
2018/05/21
車内放置をなくす取り組み

この記事の著者

市川 暁子
株式会社PBS
代表取締役
埼玉県某所にてぱちんこ店経営を経て、現在株式会社PBSの代表取締役に就任。 業界歴25年。オバサンオジサンの拠所である海シリーズをこよなく愛し、クソババアと呼ばれないよう、お行儀よく遊技することを日々心掛けるアラ50。 飲む(もちお酒を♪)買う(猫を飼うですが)打つ(そりゃーパチンコ を!)全てやります!
株式会社PBS
市川 暁子
株式会社PBS
代表取締役
埼玉県某所にてぱちんこ店経営を経て、現在株式会社PBSの代表取締役に就任。 業界歴25年。オバサンオジサンの拠所である海シリーズをこよなく愛し、クソババアと呼ばれないよう、お行儀よく遊技することを日々心掛けるアラ50。 飲む(もちお酒を♪)買う(猫を飼うですが)打つ(そりゃーパチンコ を!)全てやります!
株式会社PBS
業界元気ブログ「ザ・7人の侍!」記事一覧はこちら