温かく記憶に残る人 冷たく記憶される人

喜怒愛楽@ぱちんこホール

先週は「サービスをする人」の向上に取り組む大切さについて記しました。今回は、サービスをする上で大切な、人としての「温かさ」についてです。

 

数ヶ月前の暑い日のこと、道を尋ねようと、とあるコンビニエンスストアに立ち寄ったときのことです。買い物をする客ではないので、申し訳なく思いつつ、又きっとアルバイトの方で、この辺りは不案内であろうと期待もせず、

「すみません、〇〇○へはどう行けば良いのでしょうか?」

と訊いてみました。

するとその店員さん、サッと笑顔で「はい」の第一声から、わざわざお店から出て「ここをまっすぐ行って、2つ目の信号を・・」と親切丁寧に説明をしてくださいました。

「ありがとうございます」と言って立ち去ろうとしたところ。最後の一言がまた素晴らしかった!「お気を付けて」ですって。買い物客でもない、ゆきずりの私に対して、自らの作業をとめて、ここまでできる人。温かい人です。

猛暑の朝が清々しい朝に変わったのは言うまでもありません。この人にまた会いたいなと素直に思いました。

 

又別の日。とあるホール様で、食事休憩をとった際、その休憩時間が30分と短かったため、スタッフさんに

「この辺りで、軽いお食事を食べられる、オススメのお店はありますか?」

と私の連れが聞いてみました。

すると、そのスタッフさん、表情も変えず一言。

「分かりかねます」

何ともアッサリとした・・・??返答をし、休憩札を台に置いて、無表情のまま頭を下げて去っていきました。そちらのお店で遊技をしている客である私達に、とっても淡泊な態度です。こういった質問への対応は教育されていなかったのでしょうが、杓子定規な対応で、何だかとっても冷たい印象を受けたのでした。

 

仕事では、特に接客業では、人と人が触れ合い、そこには人を思いやる「温かさ」が基本的に大事であると思います。相対する人のために、自分ができることをしてあげたい、と思えるかどうかが。

そしてそういう姿勢は必ず一瞬に表れ、お客様に伝わり、記憶に残るものなのです。そして「どうせならこのお店で」「どうせならこの人がいるお店へ」とお客様に思わせるのです!

 

こうした小さな出来事で、その人の仕事への向き合い方がでるものですね。

 

最後に、ホールスタッフさんは自店近くの飲食店やドラッグストアなど、ある程度の情報は頭に入れ、ホールに立つべきと私は思います!

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

市川 暁子の最新記事

2018/12/10
女性の話を聞くには
2018/12/03
温かく記憶に残る人 冷たく記憶される人
2018/11/26
「サービスをする人」の向上に取り組む大切さ

市川 暁子の人気記事

2018/02/12
「ぱちぱち夫婦」をご存知ですか?
2018/02/26
お客様の感情を逆撫でしないマナー
2018/05/21
車内放置をなくす取り組み

この記事の著者

市川 暁子
株式会社PBS
代表取締役
埼玉県某所にてぱちんこ店経営を経て、現在株式会社PBSの代表取締役に就任。 業界歴25年。オバサンオジサンの拠所である海シリーズをこよなく愛し、クソババアと呼ばれないよう、お行儀よく遊技することを日々心掛けるアラ50。 飲む(もちお酒を♪)買う(猫を飼うですが)打つ(そりゃーパチンコ を!)全てやります!
株式会社PBS
市川 暁子
株式会社PBS
代表取締役
埼玉県某所にてぱちんこ店経営を経て、現在株式会社PBSの代表取締役に就任。 業界歴25年。オバサンオジサンの拠所である海シリーズをこよなく愛し、クソババアと呼ばれないよう、お行儀よく遊技することを日々心掛けるアラ50。 飲む(もちお酒を♪)買う(猫を飼うですが)打つ(そりゃーパチンコ を!)全てやります!
株式会社PBS
業界元気ブログ「ザ・7人の侍!」記事一覧はこちら