遊技スタイルの変化と望まれる機械像

風営法や内規の変更等に伴う機械性能の変化は常に同じベクトルを持っているわけではなく、時に遊技としては全く食傷気味の機械ばかりでファンを失望させる状況もあれば、見渡す限り魅力に溢れる機械だらけで逆の意味で遊技機械の選択に迷う、とても恵まれた状況もあります。

スペックに関する理想とする機械像というのは時代の変遷を経てもある程度共通事項のようなものがあります。それはとても簡単な言葉で言い表すことができると思います。“出る気がする”という一語です。

何度もこのブログで書いてはいますが、その昔低交換率が主流で出玉率が高かったころはどうすれば勝てるのかという命題に対する回答は出来るだけ長く無定量状態に持ち込み、長く遊技することでした。そのため休日は朝から目指す機械へ猪突猛進といった光景がよく見られたのです。

時代も変わり無定量営業がごく普通で高交換率が主流といった営業形態が相当に長期間続いてきたことにより、少なからずファンのパチンコ遊技に対する捉え方や戦略も大きく変化してきたようです。

現在の業態で勝つ方法というのは非常に酷な状況なので負けを少なくするにはどうしたら良いのかという命題の方が現実的だと思いますし、それに対する回答は低貸を打つ事だという結論に達した人も多い事でしょう。お金はないけど時間が有り余っているという年老いた方々にはとても好都合な状況ですが、日々激務に追われ遊技時間が限られている人や低貸は時間の無駄だとあくまでもパチンコをギャンブルの対象と捉えている比較的脂ぎった人々、はたまた多様な趣味をお持ちでパチンコはその多趣味の一つに過ぎないのでたまにふらりと立ち寄る人々にとっての負けを少なくする方法というのは夢を見ない分現実的なのです。等価交換でなければ貯玉・再プレイの活用という選択肢もあるでしょう。等価交換の場合はずばり一連の特賞後の即やめという戦略です。出玉率自体低いので遊技時間が長いほど不利になるのであれば初当たりから時短終了までの1セットを遊技すれば十分だというわけです。つまり遊技料金を払うのは仕方がないが、ある程度のお金を投じたらある程度の見返りがありその差額が遊技料金であるならば納得出来るという人々です。

こういった“比較的ライトユーザー”ともいえる人々を満足させるためにはどういった機械を用意すべきでしょうか?

  • ミドル機は初期投資がかさむという点で前述の“比較的ライトユーザー”の人々には敷居が高いですがこちらをメインで遊技するヘビーユーザーの人々も即やめの潮流は押し寄せてきており、やはり時速何発といった項目が重要視されると思います。ただこちらは時に大きな出玉を生み出すことがあるので、そこにたどり着くまで投資に糸目をつけず初当たりを重ねようという目論見の“スーパーヘビーユーザー”も含まれるかと思います。
  • ライトタイプについては現状小T1Yでモードに入ると強烈な継続性を有する突破型の機械が主流となってきていますが、突破率の低さとこの小T1Yが生み出す単発時の未達成感やモード突入後のだらだら感はどうも”比較的ライトユーザー“にも”いわゆるライトユーザー“にも評価されていないようで非常に苦しい状況かと思います。突破型ですから突破率の低さはある程度目をつぶれても突破後のだらだら感を一掃しないとどのユーザーにも受け入れられない可能性すらあります。
  • ライトミドル機については“比較的ライトユーザー”にあてはまりやすいカテゴリーにも関わらずどうも評価を得てはいないようです。要因として②のライトタイプ同様時速何発といった分野での満足度が低い事が一番の要因として挙げられます。実際シンフォギア以外評価されない理由の一つにこの要素が大きなウエイトを占めていることは否定できないでしょう。又比較的粗利益が多めのこの分野ではスタート4個賞球・高BYの状態でユーザーの満足できる通常時のスタート性能やTY性能を実現するのはそもそも無理な話であることも事実です。

総合的に見ても今の4円パチンコ市場は片方どころか片方半翼を折られた鳥のような状況かもしれません。何らかの打開策が必要となります。

 

さてここへきて確変率の上限65%撤廃を経て更にへそ賞球の4個以下の無制約化も連なって可能な状況となりました。これで通常時のスタート性能の満足度が上昇することも想定できますし、TYについても満足のいくボリュームをユーザーに与えやすい状況となってきました。残る一つの大きな要素である時速の項目だけが最も機械ごとの差が出やすい箇所となってきたといっても過言ではないと思います。

そのような状況の中でぱちんこAKB48ワン・ツー・スリー!!フェスティバルが登場します。今パチンコ機のスペックがユーザーの満足度を上げることが可能な方向へ間違いなく向いていると思うのですが、この機械の特徴として

  • 3個賞球なので通常時のスタートを十分にとることが可能になっている

→4個賞球の時代より通常時のスタート値で5~9%高く出来通常時の遊技満足度とともに時系列的に早く初当たりが来るイメージを与えることが可能

  • 特図2のMAX1500個の出玉が60%を占める

→もともと1種・2種タイプなので電サポ時間が短いうえにMAXT1Yの比率が高いのでだらだら感とは無縁の存在となる

  • 時速が約10500個ということで現存のライトミドル機としては最高レベルにある。

→ミドル機だと取り切れないような遅い時間でも時速の速いライトミドルならチャレンジ可能という意識を植え付けられ夜間稼働の底上げとなる。

という特徴を持っており現代の4円パチンコの遊技スタイルにピタリと当てはまる気がします。勝ち負けとは異なるポイントで気持ちの良い遊技ができる機械と言うのはリピーターを増やす上で非常に有益かと思います。一人のユーザーの長時間稼働を伸ばす方向性よりもリピーターを増やすことの方が健全かつ最短距離の稼働増加戦略とも思われます。先駆けとしてこの機械は要注目機種と言えるでしょう。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

新着一覧

機種レビュー

パチスロマシンレビュー 2019年10月
2019年10月30日
  • 三共 蒼穹のファフナーEXODUS
  • セブンリーグ 天下布武4
  • 平和 ルパン三世 イタリアの夢
  • コナミアミューズメント マジカルハロウィン7
  • 三共 トータル・イクリプス2
パチンコマシンレビュー 2019年10月
2019年10月30日
  • オッケー P AKB48 誇りの丘 LightVersion
  • マルホン P 鳳凰∞
  • 三共PA Fスーパー戦隊 LIGHT VER
  • 三洋PA 元祖大工の源さん
  • 三洋PA 咲-Saki-阿知賀編episode of side-A
パチスロマシンレビュー 2019年9月
2019年9月27日
  • Bisty カードバトルパチスロ ガンダムクロスオーバー
  • オリンピア アントニオ猪木という名のパチスロ機
  • 藤商事 呪怨 再誕AT
  • タイヨーエレック 北斗の拳天昇
  • エキサイト サラリーマン金太郎MAX
パチンコマシンレビュー 2019年9月
2019年9月27日
  • 京楽 P 劇場版魔法少女まどか☆マギカ
  • 高尾 Pクイーンズブレイド3 レイナver.
  • サンセイ P 牙狼コレクション
  • 平和 P 亜人
  • 大一 P 忍者ハットリくん4

動画一覧