新台は初打ちで見切りをつけてしまうのか?

これはP機となってより顕著な気がするのですが、最近の機械についてはお客さんが取りあえず新台だからという理由で一巡打ち終わる頃には良し悪しの判断が下され初期的な段階で高稼働を示さない場合、そこから浮上することはまず無い傾向が以前より顕著になってきた気がします。

この原因を探ると、
① 遊技者の方で事前に新台の情報をある程度得ることが出来る為、スペックに関しては特に新たな発見を遊技中見つけ出すことが難しくなっている。又あまり期待もしていない。
② シリーズ機で前作まで一定の評価を得ている機械については、比較的遊技の世界に入って行きやすく前作との比較対象が命題となるケースが多い為、全くの新しいコンテンツ機械よりは有利な立場にはあるが前作より下だとみなされると容易に前作機種に舞い戻ってしまう。逃げ場が用意されている分だけ新機種としてのリスクはより高まる。
③ 新台の出玉に関する取扱いが乱暴な為、その機械の本領を発揮する場面、換言すると良く出る状態に遭遇する可能性が低い為、良い意味での中毒性を遊技者に与えることが難しくなっている。
等々考えられます。

① については確かにドットや7セグが主体の時代は正直な話、その外観から機械の独自性やゲーム性の秀逸な箇所を見出すのは簡単ではありませんでした。ところがその機械が持つスペックの特殊性が隠蔽されている場合も多く、この隠蔽された出玉能力こそが最も重要なポイントであり逆に言うとこの隠蔽されたスペックが発揮されることで演出等の外観の魅力が引き出され、増大するというケースが多かったような気がします。遊技者にとってこのパンドラの箱のような内部システムを頭で妄想・想像して遊技をするという行為が新台を遊技する最大の理由であったと思います。そこが現在完全に剥奪されているのが気になる所です。
② についてはCR機からP機になってよりハイリスク状態になっている感は強いですが、内規の変化でCR機時代よりも変化に富んだスペック開発が可能となってきているので、現状過度期かとは思いますが長い目で見ればCR機末期の機械よりは魅力的なスペックへと変化出来そうですし、外観つまり演出については進化が足を止めることが無いのではと思えるほど日進月歩ですから(その分機械代も足をとめることが無いのかも知れませんが)今後徐々に改善されていくかと思います。
③ については高い機械代と、耐用日数の短さを考えると致し方ないのかも知れませんがこれは購入する機械の取捨選択をよりシビアにしていくという手法しか現状なさそうです。

※ 当サイトで使用しているホールや機械の画像はすべて許可を取り撮影し、掲載しております。

新着一覧

機種レビュー

パチスロマシンレビュー 2019年7月
2019年7月30日
  • オオイズミ パチスロオーバーロード
  • 山佐 パチスロTIGER & BUNNY
  • メーシー 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ「新編」叛逆の物語
  • オリンピア パチスロ ラブ嬢2
  • ベルコ スーパービンゴギャラクシー
パチンコマシンレビュー 2019年7月
2019年7月30日
  • ビスティ P 鉄拳極
  • サミー P 北斗の拳8 覇王
  • 高尾 P 銭形平次2
  • 平和 Pルパン三世 神々への予告状
  • 京楽 PA ウルトラセブン2 Light Version
パチスロマシンレビュー 2019年6月
2019年6月22日
  • サミー あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • 七匠 天元突破グレンラガン
  • コナミ 麻雀格闘倶楽部 参
  • 大都 バンバンクロス
  • パイオニア ハイハイシオサイ
パチンコマシンレビュー 2019年6月
2019年6月22日
  • 藤商事P リング バースディ呪いの始まり設定付き
  • サミーP あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
  • アムテックスP 戦国乙女5
  • 三共P フィーバーマクロスDELTA
  • サンスリーP ドラム海物語IN沖縄 桜

動画一覧